イベニュー
2021年12月06日(月)
 イベニュー

【オトれぽ】ライブレポートNo.15  Noel Gallagher’s High Flying Birds

北海道&東北
関東
中部
近畿
中国&四国
九州&沖縄
海外
新着ニュース30件






























【オトれぽ】ライブレポートNo.15  Noel Gallagher’s High Flying Birds

このエントリーをはてなブックマークに追加
Noel Gallagher’s High Flying Birds@TOKYO DOME CITY HALL


2012年、年明け初めてのライブレポートは、ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズの来日公演の模様をお届けする。ご存じ、元オアシスのギターリストで、シンガーソングライターだ。オアシス解散後、バンドの中心人物であるノエルのソロ活動に注目が集まったが、解散後、ほぼメディアの露出がなかったのである。世界中のファンが、ノエルのソロ活動を待ち望む中、遂に昨年の10月、ソロ・デビューアルバム『Noel Gallagher’s High Flying Birds』をリリースし、日本来日公演も決定した。筆者が生でノエルを観たのは2009年オアシスの幕張メッセでの公演以来、約3年ぶりとなる。

そしてライブ当日、朝目覚めたときに何故だか、とても不思議な気持ちになった。ノエルの来日を待ち望みすぎたせいか、なんだか落ち着かない気分である。そのまま会場へ向かう準備をして、自宅を出発!会場は東京ドーム・シティ・ ホールだ。初めていく会場のため、座席や音響設備などを気にしながら、16時少し過ぎに会場に到着。グッズ販売が16時からのため、会場の外はノエルのグッズをもとめるファンの行列が出来ていた。

ノエルギャラガーズハイフライングバーズ


(画像提供:Sony Music Japan International/photo by Mitch Ikeda)

グッズ購入後、近場で開場時間がくるまで待つことにした。今回の公演でノエルが特別な1曲を披露するという情報が出ていたため、その曲について考えていると、すぐに開場時間が迫ってくる。急ぎ足で会場に戻り、バルコニー席の列へと並ぶ。凍える寒さのなか「第一バルコニーの方は~」とスタッフが誘導し、会場内へ入場!座席に向かう途中「Noel Gallagher’s High Flying Birds日本武道館」の文字が目に入った。一瞬頭が真っ白になったが、逸る気持ちを抑えて、近くにあった告知のチラシを手にとり、座席で落ち着いてみることにした。

とてもレトロな雰囲気の会場で、まるで劇場のような作りである。座席もステージが観やすいため安心しながら、先ほどの日本武道館の告知チラシを眺める。開演時間が近づきアリーナ席を見ると、窮屈な様子が伝わってくるほど、オーディエンスの姿でいっぱいだ。アリーナ席、バルコニー席どちらからも、抑えられない興奮と熱気が伝わってくる。

19時過ぎたころ、会場内の照明が落とされ、遂にステージにノエル・ギャラガーとサポートメンバーが登場!会場内から奇声に近い大歓声と拍手がわき上がった。そしてノエルが静かにギターを持ち「ハロー」とつぶやくと、1曲目は、オアシス時代の楽曲「(It’s Good) To Be Free」の演奏が始まった。この公演でオアシス時代の楽曲を演奏することは、もちろん知っていたが、実際、こうして生でノエルの歌声を聴いていること自体が夢のようだ。アコギの音とノエルの歌声に陶酔しながら1曲目が終了。そして、ギターをチェンジしたノエルが次に披露したのは「Mucky Fingers」だ。地響きを感じるリズムとサウンドが特徴的な楽曲であるが、懐かしさと嬉しさが同時に込み上げてきて、胸が熱くなった。

ノエルギャラガーズハイフライングバーズ


(画像提供:Sony Music Japan International/photo by Mitch Ikeda)

続く3曲目は「Everybody’s On The Run」の演奏がスタート!繊細なキーボードのサウンドにノエルの力強い歌声が響く。いつの間にか、音響の心配をしていたことすら吹き飛んでいた。そして4曲目は「Dream On」を披露。刻むようなリズムが心地いい。やはりノエルの楽曲は、自然と一緒に歌いたくなってしまう。メロディーがいいとか、歌詞がいいとか、そういう分かりきったことじゃない。自然に、無意識に口ずさんでしまう。人を惹きつけてしまう不思議な魅力を持っているのだ。そして「Dream On」の演奏が終わり、ノエル「東京に戻ってこれて嬉しい」と伝えると、オーディエンスから大歓声と拍手、様々な掛け声が飛び交った。みんなの熱い思いがステージに寄せられる。

さらに「If I Had A Gun」「The Good Rebel」など、ソロ・デビューアルバムの楽曲と新曲を披露。演奏が終わるごとに、ノエルに向かってオーディエンスから投げつけられる掛け声が鳴り止まない。女性ファンの声もあったが、とくに男性ファンからの歓声が凄まじい。第一バルコニーで観賞していた筆者のまわりの席では、この歓声に対して「すごいなぁ~!」と笑みがこぼれていた。続いて、アコースティック・ギターに持ち替えたノエルが披露した楽曲は、アコギバージョンの「Wonderwall」「Supersonic」である。どちらもファンが待ち望んでいた楽曲だ。ノエルと共に大合唱する歌声が会場中に響き渡ると、歓喜溢れる思いに酔いしれてしまった。

ライブ中盤で、12曲目「AKA... What a Life!」が演奏された。ノエルのソロアルバムの中で、唯一のダンス・ロック・ナンバーである。この楽曲をどのようにアレンジするのか気になっていたが、流れるようなメロディーと歪んだギターサウンドは、ダンスというより、ロックンロールを強く感じる仕上がりとなっていた。その後、「Talk Tonight」「Solider Boys & Jesus Freaks」などが披露されていく。個人的には「Half The World Away」を生で聴けたことが何より嬉しい。サビの部分で、タッタッと手拍子をする、あの瞬間の一体感は格別である。そしてラストは「Stranded On The Wrong Beach」を披露し、ノエルがステージを降りていった。誰もがこれで終わるはずがないという気持ちで、会場内がアンコールを煽る拍手で包まれた。

ノエルギャラガーズハイフライングバーズ


(画像提供:Sony Music Japan International/photo by Mitch Ikeda)

5分ほど経過したころ、再びノエルとサポートメンバーがステージに登場し、ノエル「フォー・ジャパニーズ・ファン・オンリー」とつぶやいてから「Whatever」の演奏が始まった。「オォォ~!」「キャア~!」という雄叫びや歓声が溢れだす。日本で絶大な人気を誇る楽曲で興奮しないはずもなく、やはりここでも大合唱の嵐だ。それから「Little By Little」「The Importance Of Being Idle」を立て続けに演奏し、アンコールラストはお約束の「Don’t Look Back In Anger」。演奏が始まると、再び歓声と歌声が入り混じり、オーディエンスの大大大合唱が始まる。両手を上げ、みんなが笑顔で歌い出す。会場内が幸福感で満たされ、強い熱気を帯びたままラスト曲が終了!大歓声と拍手が鳴り止まない。ノエルもステージからオーディエンスに向かって拍手を送ったあと、静かにステージを去っていった。

あの魔法みたいな空間と時間を作り出せるのは、ノエル・ギャラガーしかいない。音楽に国境がないことを改めて実感できた夜だった。

(成田 早那)

Noel Gallagher’s High Flying Birds @TOKYO DOME CITY HALL 2012/1/16(月)


-セットリスト-

1.(It’s Good) To Be Free
2.Mucky Fingers
3.Everybody’s On The Run
4.Dream On
5.If I Had A Gun
6.The Good Rebel
7.The Death Of You And Me
8.Freaky Teeth (新曲)
9.Wonderwall (acoustic)
10.Supersonic (acoustic)
11.Record Machine
12.What A Life
13.Talk Tonight
14.Solider Boys & Jesus Freaks
15.Broken Arrow
16.Half The World Away
17.Stranded On The Wrong Beach

-アンコール-
1.Whatever
2.Little By Little
3.The Importance Of Being Idle
4.Don’t Look Back In Anger

Noel Gallagher's High Flying Birds
5月には武道館含む再来日公演が決定!


今年5月に武道館を含むJAPAN TOURが決定!
98年のOASIS武道館公演以来、
14年ぶりにノエルが武道館に立つ!

■東京 5/23(水) 日本武道館
Open18:00/Start19:00 主催:テレビ朝日/J-WAVE/INTER FM
¥8,500(全席指定S席)仮:¥8,000(SIDE VIEW SEAT)
Info: 03-3444-6751(SMASH)/03-5720-9999(HOT STUFF)

■名古屋5/24(木) 愛知県芸術劇場大ホール
Open18:00/Start19:00 主催:ZIP FM
¥8,500(全席指定)
Info: 052-936-6041(JAIL HOUSE)

■大阪 5/26(土) 大阪市中央体育館
Open17:00/Start18:00 主催:FM 802
¥8,500(全席指定)
Info: 06-6535-5569(SMASH WEST)/06-6882-1224

企画制作:SMASH/DOOBIE


外部リンク


「Noel Gallagher’s High Flying Birds公式HP」

Amazon.co.jp : ノエルギャラガーズハイフライングバーズ に関連する商品
  • 【オトれぽ】ライブレポートNo.14  BOOM BOOM SATELLITES(1月13日)
  • くるり、秋のホールツアー開催!(8月31日)
  • アーバンギャルド、Mr.ナゴムとついに対決!(7月23日)
  • ノエル・ギャラガー、来週来日!東名阪JAPAN TOURスタート!(5月17日)
  • 【オトれぽ】ライブレポートNo.18 SónarSound Tokyo 2012 ②(5月14日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    ユニーク特集
    株式会社ファーストキャビン
    飛行機のファーストクラスをイメージした革新的なコンパクトホテルを企画・運営する株式会社ファーストキャビンに自社の「ユニーク」に関して伺ってまいりました。
    変態企業カメレオン
    「ユニーク&ユーモア 日本の社会にもっとユーモアを。」を社是に、他社がやらないことをやる。時代の背景に合わせ変幻自在に色を変える変態企業カメレオンに自社の「ユニーク」に関して伺ってまいりました。
    株式会社エイタロウソフト
    「実現不可能なことはない」をモットーに、国内初のアプリによる3Dエンジンの開発に成功するなど、常に新しい事にチャレンジを続ける株式会社エイタロウソフトに自社の「ユニーク」に関して伺ってまいりました。
    株式会社GABA
    「大胆不敵な人生目標に挑む人を応援する。」をミッションに質の高いマンツーマン英会話サービスを提供する株式会社GABAに自社の「ユニーク」に関して伺ってまいりました。
    株式会社リクルートエージェント
    「人と組織のよりよい結びつきの実現」のため日々「転職」における様々な可能性を追求している業界NO.1転職エージェント、株式会社リクルートエージェントに自社の「ユニーク」に関して伺ってまいりました。
    らでぃっしゅぼーや株式会社
    「持続可能(サスティナブル)な社会の実現」を理念に掲げ、"有機・低農薬野菜″宅配のパイオニアとして成長を続ける、らでぃっしゅぼーや株式会社に自社の「ユニーク」に関して伺ってまいりました。
    株式会社ツナグ・ソリューションズ
    よりよい職場環境づくりのため独自のユニークな制度を積極的に取り入れている株式会社ツナグ・ソリューションズに自社の「ユニーク」に関して伺ってまいりました。
    株式会社ネビュラプロジェクト
    「1ステージ完全燃焼」を舞台作りの基本精神とする、昨年劇団結成25周年を迎えた「演劇集団キャラメルボックス」の運営会社、株式会社ネビュラプロジェクトに自社の「ユニーク」に関して伺ってまいりました。
    使えるねっと株式会社
    常に、お客様にどこよりも格安かつ高機能なサービスを提供することに努め、今日もレンタルサーバー事業を主力に成長を続ける、今年で創業10年目を迎えた株式会社使えるねっとに自社の「ユニーク」に関して伺ってまいりました。
    株式会社ECC
    1962年にECC外語学院を設立。その後、ECCジュニア・ECCウェブスクールなどを展開し、現在、日本最大規模の語学教育機関となった株式会社ECCに自社の「ユニーク」に関して伺ってまいりました。
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ



    モバイルサイトQRコード
    左のQRコードから
    イベニューモバイルサイトへアクセス
    http://www.evenew.net/