イベニュー
2021年12月06日(月)
 イベニュー

【オトれぽ】ライブレポートNo.14  BOOM BOOM SATELLITES

北海道&東北
関東
中部
近畿
中国&四国
九州&沖縄
海外
新着ニュース30件






























【オトれぽ】ライブレポートNo.14  BOOM BOOM SATELLITES

このエントリーをはてなブックマークに追加
BOOM BOOM SATELLITES -FRONT CHAPTER-
@恵比寿 LIQUIDROOM


2011年も残すところあと3日となったこの日は、ブンブンサテライツのワンマン公演を観賞するため、会場がある恵比寿へと向かう。2010年、幕張イベントホールの公演以来のワンマン公演。しかも会場は恵比寿リキッドルームなのだ。ステージとフロアの距離感を思うと自然とテンションが高くなっていった。

少し早めに会場に到着し、開場時間までロッカールームの奥にあるソファに座りながら、これから始まるライブに備えて待機することにした。筆者がブンブンサテライツを知ったのはちょうど2000年頃。すでに海外デビューを果たしていた彼等のサウンドを初めて聴いたとき、こんな日本人がいるのかと、脳がひっくり返されたような感覚になった。それ以来、ずっと彼等のサウンドを聴き続けているのだが、普通は経験を重ねれば重ねるほど、活動自体の勢いが緩んでいくものだが、彼等は自ら真逆の道を選択し、突進するように活動してきたバンドである。2012年バンド結成15周年を迎える彼等の勢いは、まだまだ止まりそうもない。

ブンブンサテライツ

(画像提供:Sony Music Records/photo by 山本拓未)

そして開場時間を迎え、ステージがある地下1Fへと移動する。今回はステージ左側の段差がある場所で観賞することにした。次第に会場内が人で溢れだし、ライティングもグリーンからレッドなどの色に変化。会場内の熱気が徐々に上昇していくのを感じていた。

ブンブンサテライツ

(画像提供:Sony Music Records/photo by 山本拓未)

開演時間から10分ほど経過し、ようやくメンバーの川島(Vo/Gt)と中野(Ba/Gt/Pro)とサポートメンバーの福田(Dr)がステージに登場!大歓声と共にオーディエンスが一斉にステージの前方へ殺到し、ライブ1曲目がスタート!新曲である「DRIFTER」の演奏が始まった。携帯電話のCMに起用された配信限定の楽曲である。挑戦的なリズムと透明感あるサウンドに、歓声を上げながらオーディエンスが踊り出す。瞬く間に会場内がダンス・フロアへと変化していった。続く2曲目は強力なダンス・ロックナンバー「MOMENT I COUNT」の前奏が流れ、重低音の渦巻くようなエレクトロ音に高揚し、クリアな川島の歌声に陶酔していく。

ブンブンサテライツ

(画像提供:Sony Music Records/photo by 山本拓未)

ここで感じたことは、会場の規模もあると思うのだが、特に川島の歌声がいつもより際立っていたのだ。ホール会場とは違って反響が少ない分、直に体にぶつかってくるようだった。それから立て続けに「DRAIN」「BACK ON MY FEET」を披露し、会場内が充足感で包まれていった。

ブンブンサテライツ

(画像提供:Sony Music Records/photo by 山本拓未)

その雰囲気をキープしたまま5曲「FOGBOUND」の演奏がスタート!中野が職人のように機材を操作していく。静寂にサウンドを浸透させながら、歪んだ低音のエレクトロサウンドとドラムが重なって激しさを増していき、そこにパーカッションの音が加わると柔軟性と攻撃性の2つの要素が混ざり合い、強い高揚感で満たされていく。楽曲の中盤、中野がステージ前方に出てオーディエンスを煽る姿も印象的だった。

ブンブンサテライツ

(画像提供:Sony Music Records/photo by 山本拓未)

オーディエンスも楽曲が終わるごとに、大歓声と拍手を送りステージを見つめる。ライブ後半、ゆったりとした楽曲が2曲続いたところで、8曲目「KICK IT OUT」の演奏が鳴り出すと、オーディエンスも待ってましたと言わんばかりに素直に反応!中野も激しく振り回しながらベースを演奏していた。そしてライブ定番曲である「DIG THE NEW BREED」を披露!このサウンドとリズムを聴けば、脳と体が音楽に支配されてしまったかのように踊らずにはいられない。勝手に体が音に反応して制御できなくなるのだ。えも言われぬ恍惚とした気持ちに浸りながら、ラスト曲の演奏が終了。

ブンブンサテライツ

(画像提供:Sony Music Records/photo by 山本拓未)

そして、メンバー2人が静かにステージ中央に集まり、オーディエンスに向かって律儀に何度もお辞儀をしてからステージを降りていった。会場中、大絶賛の歓声と拍手を送っていたが、即アンコールを煽る拍手に切り替え、さらに会場内のテンションをヒートアップさせていた。

ブンブンサテライツ

(画像提供:Sony Music Records/photo by 山本拓未)

しばらくして、再びステージに川島中野が登場!大歓声と拍手の音が飛び交う中、少しうろ覚えのところもあるのだが、ボーカルの川島が静かに語り出した。「フロントチャプターにきてくれてありがとう。今年は色々あって…。みんなもそうだけど、震災もあって、ミュージシャンとして、もっと責任ある発言とか考えたりして…。だから音楽家として、みんなの側にいられるようなアルバムを作りたいと思います。あと、復興支援のTシャツに協力してくれてありがとう。まだまだ続けていきたいと思うので、どこかで見かけたら協力よろしくお願いします。」と述べたのである。

ブンブンサテライツ

(画像提供:Sony Music Records/photo by 山本拓未)

この場にいた全員が、川島の言葉を胸に刻みつけていた。すると川島「じゃあ…。最後まできっちり、楽しんでいって下さい。」と伝えると、会場中から大歓声が沸き起こり、アンコールの演奏がスタート!アンコール1曲目は新曲を披露し、それから高速ビートナンバーの「MORNING AFTER」「LIGHT MY FIRE」を圧倒的な演奏力でみせつけてくれた。演奏が終わると、またまた川島中野とドラマーの福田も丁寧にオーディエンスに向かって何度もお辞儀して、ステージを去っていった。

ブンブンサテライツ

(画像提供:Sony Music Records/photo by 山本拓未)

しかし、またオーディエンスからアンコールを煽る拍手が起こり、少ししてから、再度ステージにメンバーが登場!そして川島「ワンマン公演が、EXPERIENCED以来だったので…。やっぱりワンマンっていいなって思いました。」と少し笑みをみせながら語った後、アンコールラストは「STAY」を披露。ゆったりと静かにサウンドが広がって、そこに川島の儚い歌声が加わると、楽曲が持つ繊細さを増加させて、圧巻のパフォーマンスでラストを締めくくった。どこまでも拘りを貫き通す一本の芯がみえたステージであった。

(成田 早那)

BOOM BOOM SATELLITES -FRONT CHAPTER-
@恵比寿 LIQUIDROOM 2011/12/28(水)


-セットリスト-
1.DRIFTER
2.MOMENT I COUNT
3.DRAIN
4.BACK ON MY FEET
5.FOGBOUND
6.VAPOUR
7.FREAK THE NIGHT
8.KICK IT OUT
9.DIG THE NEW BREED

-アンコール1-
1.新曲
2.MORNING AFTER
3.LIGHT MY FIRE

-アンコール2-
1.STAY


15周年を迎えるブンブンサテライツ、全国5か所でサカナクション、マキシマム ザ ホルモン、9mm Parabellum Bulletとの対バンツアー開催決定!


<BRANDNEW CHAPTER -GARDEN OF DELIGHT->

■ライブ詳細
2012年 03月 22日 (木)福岡DRUM LOGOS
【対バン】9mm Parabellum Bullet

2012年 03月 23日 (金)広島CLUB QUATTRO
【対バン】9mm Parabellum Bullet

2012年 03月 29日 (木)大阪なんばHatch
【対バン】マキシマム ザ ホルモン

2012年 03月 30日 (金)名古屋CLUB DIAMOND HALL
【対バン】マキシマム ザ ホルモン

2012年 04月 01日 (日)東京STUDIO COAST
【対バン】サカナクション

■受付期間(イープラス)
先行受付:12/1/17(火)12:00~12/1/23(月)18:00
一般受付:12/2/12(日)10:00~
(一般受付の終了日は各公演によって異なります)


※各公演の詳細については、下記アーティスト公式HPをご参照下さい。

外部リンク


「BOOM BOOM SATELLITES公式HP」
Amazon.co.jp : ブンブンサテライツ に関連する商品
  • くるり、秋のホールツアー開催!(8月31日)
  • アーバンギャルド、Mr.ナゴムとついに対決!(7月23日)
  • ノエル・ギャラガー、来週来日!東名阪JAPAN TOURスタート!(5月17日)
  • 【オトれぽ】ライブレポートNo.18 SónarSound Tokyo 2012 ②(5月14日)
  • 来日中のオービタルがドミューンに出演決定!(5月10日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    ユニーク特集
    株式会社ファーストキャビン
    飛行機のファーストクラスをイメージした革新的なコンパクトホテルを企画・運営する株式会社ファーストキャビンに自社の「ユニーク」に関して伺ってまいりました。
    変態企業カメレオン
    「ユニーク&ユーモア 日本の社会にもっとユーモアを。」を社是に、他社がやらないことをやる。時代の背景に合わせ変幻自在に色を変える変態企業カメレオンに自社の「ユニーク」に関して伺ってまいりました。
    株式会社エイタロウソフト
    「実現不可能なことはない」をモットーに、国内初のアプリによる3Dエンジンの開発に成功するなど、常に新しい事にチャレンジを続ける株式会社エイタロウソフトに自社の「ユニーク」に関して伺ってまいりました。
    株式会社GABA
    「大胆不敵な人生目標に挑む人を応援する。」をミッションに質の高いマンツーマン英会話サービスを提供する株式会社GABAに自社の「ユニーク」に関して伺ってまいりました。
    株式会社リクルートエージェント
    「人と組織のよりよい結びつきの実現」のため日々「転職」における様々な可能性を追求している業界NO.1転職エージェント、株式会社リクルートエージェントに自社の「ユニーク」に関して伺ってまいりました。
    らでぃっしゅぼーや株式会社
    「持続可能(サスティナブル)な社会の実現」を理念に掲げ、"有機・低農薬野菜″宅配のパイオニアとして成長を続ける、らでぃっしゅぼーや株式会社に自社の「ユニーク」に関して伺ってまいりました。
    株式会社ツナグ・ソリューションズ
    よりよい職場環境づくりのため独自のユニークな制度を積極的に取り入れている株式会社ツナグ・ソリューションズに自社の「ユニーク」に関して伺ってまいりました。
    株式会社ネビュラプロジェクト
    「1ステージ完全燃焼」を舞台作りの基本精神とする、昨年劇団結成25周年を迎えた「演劇集団キャラメルボックス」の運営会社、株式会社ネビュラプロジェクトに自社の「ユニーク」に関して伺ってまいりました。
    使えるねっと株式会社
    常に、お客様にどこよりも格安かつ高機能なサービスを提供することに努め、今日もレンタルサーバー事業を主力に成長を続ける、今年で創業10年目を迎えた株式会社使えるねっとに自社の「ユニーク」に関して伺ってまいりました。
    株式会社ECC
    1962年にECC外語学院を設立。その後、ECCジュニア・ECCウェブスクールなどを展開し、現在、日本最大規模の語学教育機関となった株式会社ECCに自社の「ユニーク」に関して伺ってまいりました。
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ



    モバイルサイトQRコード
    左のQRコードから
    イベニューモバイルサイトへアクセス
    http://www.evenew.net/